transmit4でマウントしたディレクトリ内でsassのコンパイルエラーを解消する

  mac, sass 

bigtruckins

ここ最近、FTPクライアントはtransmit4を愛用しています。

Transmit 4 どうしたら史上最高が作れるか?

45以上の新機能、25倍速、そして one more thing…

ファイルの転送。 仕事やプライベートでの FTP、SFTP、Amazon S3 クラウド、WebDAV によるサイトの管理やバックアップ、動画や写真のアップロードなど、その容量、頻度ともに増えている今日。だからこそ、ナンバーワン Mac OS X 用 FTP クライアント¹ Transmit の出番です。歴代 Transmit のすべてのベストを抽出し信じられないほどに素晴らしい新機能の数々を Transmit 4 にそそぎました。

謳い文句の通り、アップロードもダウンロードも速い速い!しかもエラーも全く出ないといいこと尽くめ。
今年買ってよかったアプリナンバー1です。今のところ。

さらに超強力な機能としてサーバをmacにマウントしてローカルファイルのように扱えることが挙げられます。

この新しい Transmit ディスク機能により、Transmit が起動していなくても Finder にサーバをディスクのようにマウントし通常のディスクを扱うように利用することが可能です。SFTPサーバにファイルをドラッグしたり、ちょっとしたグラフィックを Photoshop から直接 Amazon S3 Bucket へ保存したり、または iDisk のようなバックアップディスクとして使うこともできます。これらすべてが Transmit 4 で実際に可能です。

凄い・・・!

これでサーバ内のsassなんかもコンパイルできるじゃん!最高!と思って利用した所、ハマってしまいました。

SASSのコンパイル時にエラー発生

普段sublime text2でsassのコンパイルを行っていますが、前述の機能を使って喜び勇んでコンパイルした所、

下記のようなエラーが・・・

 

え?コンパイルできないの〜〜!?

エラーメッセージを読むとどうやらsass-cacheに問題がある模様。
サーバーのディレクトリをマウントしているから書き込みができないとか、そんな感じなんでしょうか?でも他のファイルはバンバン更新してるし・・・

で、sassとかcompassとかの情報を漁ってたら.sass-cacheの場所をconfig.rbで指定できる模様。

これを試してみました。

.Sass-cacheの場所を適当なローカルフォルダに指定する

config.rb内に下記を追加します。

これでコンパイルしたところ、見事に解決!

でもこれ、ドキュメントに載ってなくね?うーん・・・

http://compass-style.org/help/tutorials/configuration-reference/

ま、いっか!

最後に

かなりニッチなネタでしたが、同様のエラーでお悩みの方の助けになれば幸いです!!

コレ聴きながら書きました!

やっぱりスピッツでしょ!ありとあらゆるメロディーが全てサビ。日本の誇りです。

ブログの更新情報はこちらで配信しています。

   

follow us in feedly

ad

wpx

  • JavaScript 第6版

    定番のO'Reilly本でJavaScriptを深く学びましょう!気になる箇所をざっと読むだけでも、とても参考になります。ざっと読みを繰り返すのがオススメ。超良書です!
  • サンプルが大充実!定番のjQuery入門書です。
    本の内容に沿って制作を進めるだけで、即実戦投入できる程の機能ができ上がります。
    解説が丁寧且つチートシートも付いているのでjQueryについての理解がぐんと深まりますよ!
  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

    WordPressプラグインの開発から運用までカバーする、プラグイン開発のまさに「バイブル」です。

    セキュリティやマネタイズにも触れられていて参考になるところ多すぎです。
  • wordpressに慣れてくると、今度は痒いところに手が届く細やかなカスタマイズをしたいですよね。phpを利用したカスタマイズからデータベースに直接アクセスする方法がとにかく丁寧に解説されています。個人的には第5章、「プラグインの自作」が物凄く役に立ちました!
  • WordPressのテーマ制作やテンプレートについての概念など、実際にサイトを制作しながらWordPressを知ることができます。
    制作するだけでなく、ユーザビリティからSEO、さらにはパフォーマンス改善にも触れているという充実ぶり。
    オリジナルテーマ制作のお供にどうぞ!
PAGE TOP ↑