プラグイン不使用!WordPressで「前の記事へ」・「次の記事へ」に記事タイトルを使用しつつ文字数を制限する

  WordPress 

photo credit: h.koppdelaney via photopin cc

普段はコーディングデータを一式いただいてそれをWordpress化するお仕事の依頼を結構受けてます。

ブログの前後の記事リンクはだいたい「←テスト投稿へ」みたいにタイトル+リンクで設定されているのですが、このタイトルが長くなった場合収まりが悪くなってしまいます。

お客さんによっては凄まじく長いタイトルをつけたりするので納品したあと修正がちょこちょこ発生したり・・・。このパターンの時はもう文字数制限入れとくことにします。

プラグインもあるみたいなんですが、ちょっとした処理なのでここは何らかの処理を加えてサクッと実現させたいですね。

get_next_post()とget_previous_postで前後の記事データを取得する

前後の記事データはテンプレートタグget_next_post()とget_previous_postで取得できます。

関数リファレンス/get next post

関数リファレンス/get previous post

このテンプレートタグで前後の記事データがごそっと取得できます。例えばこちらの記事でget_previous_postを実行すると下記のデータが取得できます。

 これだけ取得できたらカスタマイズは自由自在ですね!

記事タイトルを取得して文字数をトリミング

あとは各種データを取得して文字数を制限します。

mb_substr()を利用して文字数を制限します。

タイトルにhtmlタグが含まれていた場合も考慮してesc_attr()でhtmlタグをエスケープしておきます。

もうちょっと実案件向きに。記事の有無で出力を切り替えたい場合は分岐を加えます。

 さらにカスタマイズ。第一引数にtrueを指定することで、同一カテゴリー内の記事で前後の記事データを取得してくれます。

 カスタムタクソノミーに対応する場合はこれで。

 記事IDが取得できるのでアイキャッチ画像付きのリンクなんかも設定できますね!

 

ちょっと前に灯油ストーブをゲットしたので、部屋を温めまくって半袖で過ごす贅沢を享受してます。
灯油代かかるし買ったばかりの今だけですけど。

ブログの更新情報はこちらで配信しています。

   

follow us in feedly

ad

wpx

  • WordPressのテーマ制作やテンプレートについての概念など、実際にサイトを制作しながらWordPressを知ることができます。
    制作するだけでなく、ユーザビリティからSEO、さらにはパフォーマンス改善にも触れているという充実ぶり。
    オリジナルテーマ制作のお供にどうぞ!
  • wordpressに慣れてくると、今度は痒いところに手が届く細やかなカスタマイズをしたいですよね。phpを利用したカスタマイズからデータベースに直接アクセスする方法がとにかく丁寧に解説されています。個人的には第5章、「プラグインの自作」が物凄く役に立ちました!
  • JavaScript 第6版

    定番のO'Reilly本でJavaScriptを深く学びましょう!気になる箇所をざっと読むだけでも、とても参考になります。ざっと読みを繰り返すのがオススメ。超良書です!
  • サンプルが大充実!定番のjQuery入門書です。
    本の内容に沿って制作を進めるだけで、即実戦投入できる程の機能ができ上がります。
    解説が丁寧且つチートシートも付いているのでjQueryについての理解がぐんと深まりますよ!
  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

    WordPressプラグインの開発から運用までカバーする、プラグイン開発のまさに「バイブル」です。

    セキュリティやマネタイズにも触れられていて参考になるところ多すぎです。
PAGE TOP ↑