xampp環境でewww image optimizerを使用時、imagemagick関連のエラーを解決する。

  mac, WordPress, WordPressプラグイン, xampp 

最近管理を引き継いだWEBサイトがありまして、お客さんのパソコンにxamppを立ててローカルで記事チェックがしたいという要望をいただきました。

お客さんの会社に伺って移行作業をしていたところ、「ewww image optimizer」の管理画面で何やらエラーが・・・

スクショ撮り忘れてしまったんですが、要するに「imagemagick」がインストールされてないぞ〜、といった内容です。

ImageMagick(イメージマジック)は画像を操作したり表示したりするためのソフトウェアスイートである。GIFJPEGJPEG 2000PNGPDFPhoto CDTIFFDPXなど100種類以上の画像ファイルフォーマットに対応している[1]GPL互換でより制限が緩い独自ライセンスが適用されている

要するにxamppにimagemagickをインストールしてやれば良い

というわけなんですが、そういえばxamppにこれまで何か追加でインストールしたことないなぁ〜と。

最初から入ってないのかよ・・・と思いつつターミナルからインストールします。(因みにお客さんの環境はmac。)

まずはxamppのインストール先フォルダに移動。

何故かお客さんのmacにはhomebrewが入っていたので今回はこれを利用します。

エラーメッセージをよく見ると「gifsicle」も無いぞ!ってことでしたので、これも合わせてインストール。

これでエラーが解消出来ました。

因みにhomebrewはmacのパッケージ管理ツールですね。

Mac OS X には Homebrew と双璧をなすパッケージ管理システムがあります。
MacPorts と比べて Homebrew は依存関係でインストールされるソフトが少ないためか、パッケージ管理システムとしての人気が高まってきています。
MacPorts は、Mac に最初から入っているソフトウェアを無視してパッケージが依存するソフトを新規でインストールするという性質を持っていますが、Homebrew は極力 Mac に入っているものを使うように作られています。ゆえに、パッケージ導入時のシステムへの負担や、インストールにかかる時間が比較的少なくて済むようです。
また、Homebrew はスーパーユーザでコマンドを実行する必要が無く、一般ユーザー権限で使うことが出来ます。

『パッケージ管理システム Homebrew』 http://qiita.com/b4b4r07/items/6efebc2f3d1cbbd393fc

でも何でこれが既にインストールされてたのかなぁ・・・?

 

コレ聴きながら書きました!

祝fujirock出演!!
ブリットポップは青春です・・・!

ブログの更新情報はこちらで配信しています。

   

follow us in feedly

ad

wpx

  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

    WordPressプラグインの開発から運用までカバーする、プラグイン開発のまさに「バイブル」です。

    セキュリティやマネタイズにも触れられていて参考になるところ多すぎです。
  • JavaScript 第6版

    定番のO'Reilly本でJavaScriptを深く学びましょう!気になる箇所をざっと読むだけでも、とても参考になります。ざっと読みを繰り返すのがオススメ。超良書です!
  • WordPressのテーマ制作やテンプレートについての概念など、実際にサイトを制作しながらWordPressを知ることができます。
    制作するだけでなく、ユーザビリティからSEO、さらにはパフォーマンス改善にも触れているという充実ぶり。
    オリジナルテーマ制作のお供にどうぞ!
  • wordpressに慣れてくると、今度は痒いところに手が届く細やかなカスタマイズをしたいですよね。phpを利用したカスタマイズからデータベースに直接アクセスする方法がとにかく丁寧に解説されています。個人的には第5章、「プラグインの自作」が物凄く役に立ちました!
  • サンプルが大充実!定番のjQuery入門書です。
    本の内容に沿って制作を進めるだけで、即実戦投入できる程の機能ができ上がります。
    解説が丁寧且つチートシートも付いているのでjQueryについての理解がぐんと深まりますよ!
PAGE TOP ↑