concrete5で管理画面の背景に表示される画像を非表示にする

  concrete5 

concrete5のお仕事が最近増えてきまして、ちょっとずつノウハウが溜まってきました。

やはり直感的にコンテンツを編集できる仕組みが醍醐味かと思いますが、
制作者としてはオーバーライドで各種処理をカスタマイズできたり、使い勝手の良いヘルパーが用意されてたりするのが好感度大です。

構造としてはガッチリMVCなので、WordPressみたいにテンプレート内にロジックがごちゃごちゃ・・・みたいな状態になりにくいのが良いですね。

concrete5の管理画面では背景に全画面表示で粋な画像を表示してくれるのですが、この処理がたまに重いことがありまして。解除する方法を探してみました。

config/site.phpの設定で変更できる

下記を参考にしました。

http://www.weblicating.com/c5/site-php/

http://concrete5-japan.org/help/5-6/developer/how-to/white-labelling/

config/site.phpではデータベースの接続情報を始め、サイトに関する様々な初期設定を定義できます。

管理画面の背景画像は「WHITE_LABEL_DASHBOARD_BACKGROUND_SRC」で定義されてますので、こちらを変更します。

 第二引数にnoneを指定することでconcrete5管理画面の全画面背景画像を無効化することができます。

画像の読み込み先を任意で指定する場合はこれで。

 

今回のsite.phpで設定できる項目を色々調べたのですが、
上記以外にもたくさん用意されていて、管理画面の細かなカスタマイズに配慮されている印象を受けました。

 

concrete5の学習はこれで

ただの入門書かと思いきや、テーマのカスタマイズ・ブロックのカスタマイズ方法もフォローされていて非常に内容が濃いです。

初めてcocnrete5のお仕事をした時もこれを片手に納品まで辿りつけました。良書!

ブログの更新情報はこちらで配信しています。

   

follow us in feedly

ad

wpx

  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

    WordPressプラグインの開発から運用までカバーする、プラグイン開発のまさに「バイブル」です。

    セキュリティやマネタイズにも触れられていて参考になるところ多すぎです。
  • JavaScript 第6版

    定番のO'Reilly本でJavaScriptを深く学びましょう!気になる箇所をざっと読むだけでも、とても参考になります。ざっと読みを繰り返すのがオススメ。超良書です!
  • WordPressのテーマ制作やテンプレートについての概念など、実際にサイトを制作しながらWordPressを知ることができます。
    制作するだけでなく、ユーザビリティからSEO、さらにはパフォーマンス改善にも触れているという充実ぶり。
    オリジナルテーマ制作のお供にどうぞ!
  • wordpressに慣れてくると、今度は痒いところに手が届く細やかなカスタマイズをしたいですよね。phpを利用したカスタマイズからデータベースに直接アクセスする方法がとにかく丁寧に解説されています。個人的には第5章、「プラグインの自作」が物凄く役に立ちました!
  • サンプルが大充実!定番のjQuery入門書です。
    本の内容に沿って制作を進めるだけで、即実戦投入できる程の機能ができ上がります。
    解説が丁寧且つチートシートも付いているのでjQueryについての理解がぐんと深まりますよ!
PAGE TOP ↑