WordPressプラグイン「Archives for a category」がうまく動作しないときの対処法

  WordPress, WordPressプラグイン 

photo credit: miguelavg via photopin cc

wordpressでカテゴリーごとの月別アーカイブ・年別アーカイブを出力できるようにするプラグインとして「Archives for a category」が有名かと思います。

ずーーーっとアップデートされてないですけど、このプラグインが必要になる機会もちょこちょこあります。

ところが久しぶりに使用した所、うまいこと動作せず・・・。

応急処置としてプラグインファイルを修正しました。

症状:最初のリンクだけカテゴリー情報が付与される

Archives for a categoryは引数にカテゴリーIDを付与することで動作します。

吐き出されるhtmlにカテゴリIDが引数として設定され、カテゴリーごとのアーカイブページが表示されます。

 今回、この引数が全てに付与されず、下記ソースのように最初のリンクだけに付与されるという現象が起きました。

上手く動作しない時は管理画面の「設定」→ 「Kwebble」にある「Disable canonical URLs.」にチェックを入れるとのことですが、これもチェック済み。

あまり気が進まないけどプラグインファイルを修正して応急処置するか!ということで、プラグインディレクトリ内の「kwebble_archives_by_cat.php」(このプラグインの本体です。)をチェックしてみます。

対処法:カテゴリーIDのデータがリセットされている箇所をコメントアウト

カテゴリーIDを付与している箇所を探しているとちょっと怪しそうな箇所を発見。

193行目辺りの

 ここが怪しそう。なんだか出力一回目でカテゴリーIDをリセットしてしまっているような印象です。

このプラグインが開発された時期と内部の処理が変わっているのかもと、ここをコメントアウトしたところ出力される全てのリンクにカテゴリーIDが付与されるようになりました。

ちゃんと検証してないんだけど

wp_get_archivesの処理からちゃんと検証したいところですが、とりあえずの応急処置で。

同じような症状に遭遇している方の助けとなれば幸いです。

コレ聴きながら書きました!

いつ聴いても涙腺が刺激されるスルメ作です。日本の宝。

ブログの更新情報はこちらで配信しています。

   

follow us in feedly

ad

wpx

  • WordPressのテーマ制作やテンプレートについての概念など、実際にサイトを制作しながらWordPressを知ることができます。
    制作するだけでなく、ユーザビリティからSEO、さらにはパフォーマンス改善にも触れているという充実ぶり。
    オリジナルテーマ制作のお供にどうぞ!
  • サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

    WordPressプラグインの開発から運用までカバーする、プラグイン開発のまさに「バイブル」です。

    セキュリティやマネタイズにも触れられていて参考になるところ多すぎです。
  • JavaScript 第6版

    定番のO'Reilly本でJavaScriptを深く学びましょう!気になる箇所をざっと読むだけでも、とても参考になります。ざっと読みを繰り返すのがオススメ。超良書です!
  • wordpressに慣れてくると、今度は痒いところに手が届く細やかなカスタマイズをしたいですよね。phpを利用したカスタマイズからデータベースに直接アクセスする方法がとにかく丁寧に解説されています。個人的には第5章、「プラグインの自作」が物凄く役に立ちました!
  • サンプルが大充実!定番のjQuery入門書です。
    本の内容に沿って制作を進めるだけで、即実戦投入できる程の機能ができ上がります。
    解説が丁寧且つチートシートも付いているのでjQueryについての理解がぐんと深まりますよ!
PAGE TOP ↑